痛車ステッカー製作専門店のロゴ

ステッカーのご相談・ご来店のご予約は

03-6240-8229

◆営業時間   10:00〜20:00(平日)

◆定休日    土日祝日
※ご来店と施工に限り土日祝日対応可

   

◆住所東京都葛飾区東堀切2-24-5 C.I.オフィスA棟

ご来店ならび施工は 完全予約制 です。

痛バイク・痛単車の作り方

痛バイク・痛単車の作り方

痛バイク・痛単車は痛車に比べステッカーの貼付け面積が小さいため、ステッカー代はお得になる一方、カウルは凹凸が激しい三次曲面が多いことから、施工の難易度が高いのが特徴です。

痛バイク・痛単車の製作台数ナンバー1の弊社が、初心者の方にも分かりやすいよう、今回は人気のステッカースタイル別で作り方をご紹介させて頂きます。

ステッカースタイルでは、サイズの採寸方法もご紹介させて頂きますので、誰でも簡単に痛バイク・痛単車が作れます。

痛バイク・痛単車の制作実績

弊社では、【デザイン制作】をした痛バイク・痛単車のフルラッピングやカウル全体のラッピングなど、数多く制作させて頂いております。

「レイシーなバイクを作りたい!」「キャラクターをバイク全体で大きく表現したい!」「ネイキッドだからフルラッピングでより目立たせたい!」という方は、是非ご相談下さい。

フルラッピングやカウル全体のラッピングをご希望の方は、お問い合わせの備考欄にその旨をご記入下さい。

※フルラッピングは車体に合わせてデザインが必要となり、また施工レベルも最上級となりますため、【デザイン制作】と【施工】が必須でございます。

まどマギ痛バイクフルラッピング
タンク全体をステッカーで覆う痛バイク
オトメドメイン仕様の痛バイクフルラッピング:タンク
痛バイクフルラッピング

痛バイク・痛単車製作の流れ

作り方1.完成させたい痛バイク・痛単車のスタイルを決めよう!

ここからは、フルラッピングや部分ラッピングをはじめ、初めての方でも痛バイク・痛単車デビューしやすいステッカーのスタイルをご紹介させて頂きます。痛バイク・痛単車作りでは、まず完成させたいスタイルを選ぶことが大切です。以下、痛バイク・痛単車でメジャーなステッカースタイルをご紹介させて頂きます。

フルラッピング

痛バイクのフルラッピング
魔理沙仕様の痛バイクフルラッピング

フルラッピングとは、車体の地を一切見せず、バイク全体をラッピングするスタイルを指します。

痛バイク・痛単車のフルラッピングは、弊社のご注文の中で一番熱い支持を頂いております。

痛バイク・痛単車のフルラッピングは、デザインならびに施工の難易度が大変高まるため、【デザイン製作】と【施工依頼】をご注文頂くことが必須となります。

部分ラッピング

「サイドカウル+フロント」といったように、車体の一部をラッピングします。

部分ラッピングは、お客様のご予算に合わせてステッカーを貼る箇所をご選択頂けるため、痛バイク・痛単車乗りに人気の高いスタイルです。

部分ラッピングもフルラッピングと同様、デザインならび施工の難易度が大変高まるため、【デザイン製作】と【施工依頼】をご注文頂くことが必須となります。

痛バイクカウルのデザイン制作ならび施工
痛バイクのハーフラッピング

サイドカウル

痛バイク・痛単車では、面積が一番大きいサイドカウルにステッカーを貼ることが全般です。

サイドカウル全体を痛車ステッカーで覆う
ステッカーでカウル全体を覆った東方仕様の痛バイク

一枚のステッカーでカウル全体を覆います。

全体にステッカーを貼るため、仕上がりの完成度が高いです。

【切り抜き加工】ありの痛車ステッカーを貼る
切り抜き加工ありのステッカーをカウルに貼った痛バイク

背景をカットしキャラクターやロゴのみを【切り抜き加工】した痛車ステッカーを、サイドカウルに貼ります。

DIYも比較的しやすいことから、痛バイク・痛単車製作では一番人気のスタイルです。

タンク

タンクは丸みを帯びているため、施工難易度が高まる箇所です。

今回は中でもDIYしやすいスタイルをご紹介致します。

タンクに【切り抜き加工】ありの痛車ステッカーを貼る
東方のステッカーをバイクのタンク全体に施工中

背景をカットしキャラクターやロゴを【切り抜き加工】した痛車ステッカーを、タンクに貼ります。

DIYをされたい方は、タンクの歪曲部分を避け、比較的平面な箇所に小さいサイズのステッカーを貼って頂くことをオススメさせて頂きます。

※写真はステッカー施工をさせて頂きました。

上記スタイル以外にも、例えばフロントやテールカウルなどにもステッカーを貼って頂くことは可能です。

是非ご自身の好きなスタイルを見つけましょう!

鉄道むすめ仕様の痛バイク
タンク全体にステッカーを施工した痛バイク

作り方2.痛バイク・痛単車のステッカーを貼りたい箇所を採寸しよう!

作り方2では、痛バイク・痛単車のステッカーを貼りたい箇所を採寸していきます。

痛バイク・痛単車の場合、ステッカーの貼り付け面積が大変限られており、かつダクトといった障害物があるため、お客様のイメージされるステッカースタイルによって採寸箇所がそれぞれ大きく異なります。

一方で、採寸の基本は「ステッカーを貼りたい箇所の縦横のサイズを採寸すること」です。

痛バイク・痛単車のステッカーを製作する際、「大体のサイズ」は大変危険です。

車体にメジャーを追従させてミリ単位で正確にサイズを採寸しましょう。

サイドカウルに痛車ステッカーを貼りたい際の採寸方法

ー参考ー

サイドカウルに【切り抜き加工】ありのステッカーを貼る場合は、画像の通りカウルの縦幅とキャラクターの縦幅を合わせて製作される方が大半です。

画像の水色箇所にステッカーを貼られたい場合は、お問い合わせフォームにて「画像編集方法=④縦幅に合わせて横幅を調整」をご選択頂き、縦幅のみご連絡下さい。

※バイクによってダクトの位置が異なるため、上記採寸方法はあくまでも一例としてご参考下さい。

作り方3.痛バイク・痛単車に貼りたいステッカー画像を選ぼう!

作り方3では、ステッカーを貼りたい箇所やサイズ、またダクトを考慮しながら、痛バイク・痛単車に貼りたいステッカー画像を選びましょう。

【切り抜き加工】ありの痛車ステッカーを貼りたい時の注意点

バイクのカウル用にステッカーを作る際の注意点

キャラクターを【切り抜き加工】する場合、ボディーパーツが切れている画像は、【切り抜き加工】をした際に違和感が出てしまいます。

なるべくボディーパーツが切れていない画像をご選択頂くか、もしくは切れたパーツを【書き足し】させて頂くことをオススメさせて頂きます。

複数人の痛車ステッカーを貼りたい時の注意点

多数のバイクがカウルにダクトがございます。

そこで、キャラクターが複数一緒に入った画像をご選択されますと、位置調整がしづらいばかりではなく、キャラクターが大きくカットされる可能性があるため、複数人入れられたい時は、ステッカーを複数枚に分けてご注文下さい。

複数人が入ったステッカーをサイドカウルに施工する際の注意点

作り方4.お問い合わせフォームより痛バイク・痛単車のステッカーをお見積り依頼&注文しよう!

作り方1~3までが完了次第、お問い合わせフォームより痛バイク・痛単車のステッカーをお見積り依頼下さい。

お問い合わせフォームには、「痛車・痛バイク」の項目がございますので、車種名・ご希望ステッカーサイズをご明記の上、ご希望ステッカー画像を添付下さい。

オプションをご希望の方は、詳細を備考欄にご記入下さい。

オプションはこちらのページをご参考下さい。

お見積り内容に同意頂きました後、ご注文手続きに移らせて頂きます。

無料画像編集外のオプションは全てお支払い確認後に制作開始させて頂き、製作後ご確認画像をお送りさせて頂きます。

作り方5.痛バイク・痛単車にステッカーを施工しよう!

作り方5では、痛車ステッカーがお手元に届き次第、ステッカーを痛バイク・痛単車に施工します。ステッカーの貼り方はこちらをご参考下さい。

施工依頼の流れ

施工をご希望の方は、問い合わせフォームのオプション欄にございます【施工依頼】にチェックを入れて下さい。

出張施工や【施工依頼】はこちらのページをご参考下さい。

【施工依頼】ではサービスの一つに施工スタッフによるステッカーサイズの確認が含まれますので、よりイメージに近い痛バイク・痛単車を製作致します。

既存ステッカーがございます場合は施工日までに剥がして下さい。

また事前に車体を洗車頂きますよう、ご協力の程宜しくお願い致します。

カウルなどのパーツを店舗にお送り頂き施工させて頂く場合は、上記店舗住所にパーツをお送り下さい。

※パーツの発送料はお客様ご負担となります。また、施工後のパーツのご返却は着払いで対応させて頂きますので、予めご了承下さい。

施工依頼のメリット

痛バイク・痛単車を【施工依頼】頂く大きなメリットは、、凹凸が激しい三次曲面にも綺麗にステッカーが施工される点です。

熱を持ちやすい痛バイク・痛単車だけに、剥がれ防止の処理も細かくさせて頂いております。

施工をさせて頂きました痛バイクは、施工後に無料でステッカーの点検も実施させて頂いておりますので、綺麗なステッカーをより長くご使用頂けます。

痛バイク・痛単車のステッカーをご使用頂く上での注意点

痛バイク・痛単車のステッカーをご使用頂く上での注意点を以下記載致します。

痛バイク・痛単車は凹凸の激しい三次曲面が多いため、ステッカー貼付け箇所によっては個人での施工がオススメできません。

ー バイクに乗降の際は、身につけていらっしゃる鞄、携帯ケース、その他金属製のパーツなどでステッカーを傷付けないようご注意下さい。

ー 痛バイク・痛単車では場合によってパーツを解体し施工させて頂く必要がございますが、バイクの車種によっては解体が厳しい場合は、施工をお断りさせて頂く場合がございます。

ー バイクの車種が古い場合、ネジがばかになる危険性が高まります。施工に伴い万が一ネジがばかになってしまった場合は、ネジの買い替え費が別途発生致します。ネジを取り寄せる必要がある場合はバイクの納車日が遅延する場合もございます。

ー LEDが付いたバイクを施工させて頂く際は、事前に必ずご一報下さい。場合によっては施工が対応できかねる場合がございます。

痛バイク・痛単車の作り方に関するよくあるご質問

痛バイク・痛単車の作り方に関して、お客様から寄せられたご質問をまとめます。以下に該当しない別のご質問は、お問い合わせまたはお電話にてご質問下さい。

Q.サイズの採寸方法が分からないため店舗で確認して頂けますか?

誠に恐縮ながら、ご来店頂き弊社でサイズ確認をさせて頂くことは、ご希望の方皆様にご対応させて頂くことができない都合上、サイズはご自身でご確認頂いております。何卒ご了承下さい。※一方で、【施工】や【デザイン制作】をご希望の方は、サービスの一つに事前のサイズ確認が含まれます。

Q.フルラッピングを希望ですが採寸の方法が分かりません

フルラッピングをご希望の場合は、弊社にて採寸致しますため、お問い合わせの際はサイズをご記入頂かなくて問題ございません。

Q.ダクトがあるのでダクトの形状に合わせてステッカーをカットしてもらえますか?

カウルは凹凸があるため、カウルの形状ぴったりに合わせてステッカーを製作させて頂くことはできかねます。ステッカーがダクトにあたる部分やカウルからはみ出した部分は、カッターで切り落として下さい。

Q.カウルに無数の傷がありますが、ステッカーを貼ることはできますか?

傷が浅い場合は問題なく痛バイク・痛単車ステッカーを施工できます。

一方で傷が深い場合は、施工に支障をきたす場合がございますので、傷部分が確認できるお写真をお問い合わせフォームにてお送り下さい。

施工可能かどうか施工スタッフが確認させて頂きます。

Q.バイクのカウルを送るので、ステッカーを貼ってもらえますか?

カウルを店舗までお送り頂き、痛バイク・痛単車用ステッカーを施工させて頂くことも可能でございます。この場合、カウルの発送費はお客様ご負担で対応させて頂きますため、予めご了承下さい。 ※カウルのご返却は通常着払いで対応させて頂きます。

Q.原付きでも痛バイク・痛単車は製作できますか?

原付きの場合も問題なく痛バイク・痛単車製作は可能でございます。